もともとスーベニアJKTとは
第二次世界大戦後にアメリカ軍が日本に駐屯していた際
本国に持って帰る”お土産”として、日本的な刺繍の入ったジャンパーを買って帰ったことがはじまり、
俗にいう「スカジャン」というやつですが
その類のことをスーベニアJKTと言います
スカジャンって名前の由来は
横須賀の”スカ”からきていることはあまりにも有名ですが
今回、モンゴリアンチョップスが制作したのは
スーベニアJKTの中でも比較的黎明期に作られた「スカシャツ」をベースにしました
ちょっとマニアックな話をすると
スカシャツの形は、スカジャンの様なブルゾンタイプではなく
M1944フィールドジャケット、通称”アイクジャケット”と呼ばれる
アメリカ軍が使用したミリタリージャケットがあるのですが
そのアイクジャケットの形をモデルにしています
その為、日本でいう短ランの様な独特な形をしているのが特徴です
素材には深ーい紺色に染め上げた厚手のレーヨンを使い、
フロント、バック、そして袖にも豪華な刺繍が入ります
特筆すべきはこの刺繍
すべて”手振り刺繍”であるということ
COLOR
SIZE
 
273,440円(税5,440円)
在庫なし